腎臓に優しい腎臓病食|宅配サービスで献立に悩む心配無用

笑顔

症状がないので怖い国民病

介護

高血圧は症状が出た時にはすでに病気になっていることが多い怖い病気です。国民病といわれるほど患者が多い病気ですが、症状がでないので見過ごす人が多いのです。血圧を下げるには塩分を控えることが重要で、食事などの味付けを薄くするなどの工夫が大切です。外食も味付けが濃くてカロリーが高いので要注意です。

詳しくはこちら

それぞれの社会の面です

男女

高血圧は社会問題となっているため、食事会や料理教室が行われることで社会が高血圧改善に動いていることがわかります。 その一方で外食は塩分を大量摂取してしまう恐れがあります。特に汁やスープものには注意する必要があります。

詳しくはこちら

楽して食事制限

女性

自分で管理するのは大変

腎臓病が悪化すると人工透析が必要になってきますので、症状の悪化を防ぐためには食事制限が非常に大切となります。腎臓病における食事制限はタンパク制限に塩分やカリウムの制限など多くの注意点があって、自分で管理するのは手間がかかり面倒です。腎臓病食のイメージは、メニューがワンパターンで同じものが繰り返し出てくる、宅配の食事は食材が固くて食べにくい、栄養計算が手間がかかるなどあまり良くないです。しかしプロの管理栄養士が食材を選び、調理の仕方を考えて栄養を考えた宅配食なら健康的でおいしい食事を楽しむことができます。味気ない弁当ではなく、管理栄養士が栄養を考えて作った腎臓病食は、色とりどりの食材を使って見た目もキレイでほどよい食感を持っているので食べやすいです。

バランスがとれた食事

管理栄養士が献立を考えて作った宅配食は、栄養のバランスを考えてレシピが組み立てられいるので、面倒な栄養計算を自分でする必要がないのです。又おかずもパサつかないようにだしなどで味付けされていて美味しく食べることができます。食べたい時に、取り出してレンジで温めるだけでなので調理も簡単で便利です。腎臓病食のような制限食は、見た目が良くない傾向がありますが、管理栄養士が作った宅配食は見た目にもこだわり、緑、赤、黄色の食材を取り入れたり、食材の方向や向きなどどうしたら美味しく見えるかを考えて作られています。又見た目や味だけでなく、食べた後に満足できるようなボリュームにも気を配っているのです。そして管理栄養士の作った腎臓病食は、食べる幸福感を持てるように飽きない多彩なメニューにもこだわっています。

体調をよくできます

女性

高血圧は、食事が原因でなってしまうこともあり、現在では食事療法によって血圧を正常にしようとする人が多いです。食事療法といっても、様々な料理がありますので続けやすいといえます。高血圧になってしまう可能性があるものを減らしていきますので、体にはいい方法です。

詳しくはこちら